top of page

人と森が元気になる仕組みです。

この事業は、町内の町有林ならびに民有林内の未利用材を、軽トラックに積める程度の長さで集積し、

チップ工場へ売却します。

これを通して収入を得ようとするもので、

より多くの方が、山仕事に携わることができる

仕組みとなっています。

集積した材の対価は、藤里町内の事業所で使える

商品利用券で支払われますので森林の環境整備と併せて、

地域の活性化も期待できる事業です。

木の駅事業は次のような流れで行われます。

​木の駅ふじさと

木の駅ふじさとの仕組み

​木の駅ふじさと出荷登録者

・出荷を希望する方は、あらかじめ藤里町林業振興協議会へ登録していただきます。(随時受付)

・出荷者は藤里町在住者です。集積する材は、町内山林の杉の木に限られます。

・出荷者は原則として個人とし、グループで出荷する場合でも登録が必要です。

・出荷数量は自己権尺による自主申告ですので、出荷者の信用に委ねられます。

・集積した材は、月締めで清算します。買取価格は5,000円/m³です。

​※軽トラック1台で0.4m³程度になります。

​規定の約束

・材のしっかりしたもの。(腐った材等は除く)

・長さは、90cmか1.8m、太さは、末口(細い方)直径で8cm以上。(樹皮部分を除く)

・枝払いを行いツノや枝葉がついていないもの。

​出荷の約束

・土場の決められた場所(氏名の記された位置)に枕木を置いて並べます。

・メジャーで測ってチョークで末口(細い方)に2cm刻みで径を記入します。

・規定の用紙に、長さ、径ごとの本数を記入し、提出します。

・山主と異なる者が出荷する場合は、山主の承諾書を提出してもらいます。

​※土場は清水岱里山林体験交流施設敷地内です。

商品券利用の約束

・商品利用券は、登録された店舗での使用に限られます。

・使用期限は券に記載してあるので期限を過ぎると使用できません。

​・商品利用券を利用できる店舗には、木の駅協力店のポスターを掲示してもらいます。

​機材の貸し出し

・未利用材集積に必要な機械(リフト付運搬車、ポータブルウインチ)を準備しています。(有料)

※詳細については、藤里町林業振興協議会事務局(農林課内)にお問合せください。

TEL 0185-79-2114

bottom of page